Entry: main  << >>
南九州豪雨災害 黒川復興プロジェクト 災害ボランティア
0

     

    平成29年7月5日の豪雨により九州北部は大きな被害を受けました。

    朝倉市 黒川 宮園地区 北小路地区です。

    未だ復興には程遠い中、黒川復興プロジェクトではボランティアを募り

    支援活動をしています。代表の柏田さんも発災時には孤立状態になり

    3日目にヘリコプターで救助されました。

    救助される中、空から見た黒川の変わりように住民皆、涙が止まりませんでした。

    被害がひどく未だに黒川で生活が出来なく仮設住宅等で生活しています。

    家屋の再生だけでなく代々受け継がれ、被災するまでは毎日大切に大切に

    育ててきた田畑の再生も大切ですが,この地域は高齢者がほとんどで自分たちで

    どうする事も出来ないと諦めてしまっていました。

    以前のような豊かな農山村にし、高齢者も安心して生活が送れるようにするには

    長期的な復興が必要です。

     

    当初から三原の仲間が、仕事の休みを利用して足を運んでいます。

    先日も兎っ兎の有志から支援金を募り渡してもらいました。

     

    私もいつかの機会にと思っていましたが11月12日から行くことが出来、

    鷺島のみかん 小さぎ島みかんを提供いただきお渡しできました。

    被災現場までは、道なき道と行ってもいいような箇所もあり、川の中に道を作り、

    その道をトラックなどが現場まで走っていました。

     

    今回はナシ園が土砂で埋まっているので、土砂を一輪車で運び出す作業です。

    福岡県内 兵庫県 三原から2名 合計20名のボランティアでした。

    20代から70代です。

    三原からの仲間は土砂をトラックへ積み運びます。

    家屋2

    家屋1

    家屋3

    川

    ナシ園

    作業中

    みかんみかん2 

    黒川復興プロジェクト 代表 柏田 智さん      オープンジャパン 肥田 浩さん

    鷺島の河本さんより 小さぎ島 岡本さんより

     

    みかんありがとう 被災者の方へ届けます!!

     

    集会所が片付けまで手が回らなくて雑然としていたのを見たときにいつか

    住民がもどり集える個所として片付けが出来るといいなと思いました。

    まだまだできる事はたくさんあります。

    以前は音楽館や共星の里 黒川IN黒川美術館(旧黒川小の校舎を活用し)

    現代美術の拠点として2000年4月にオープンしましたが今回の豪雨で休館しています。

    来年の3月の運営再開を目指すそうです。目標を立てて復興に向けています。

    とても素敵な黒川です。また行きたい思いになりますよ。

    是非 一日でも災害支援活動 いけない方も支援金も募っていますので

    出来る事から始めましょう。

     

    問合せなど NPO法人みはらまちづくり兎っ兎 小川まで

     

     

     

     

     

    | mihara-totto | 17:06 | - | - | - |